千葉大祭2000


稲毛区民祭の余韻もまだ消えぬ11月4日、我らが千葉大学の学園祭ステージを千葉大史上初、ジャグリングで彩りました。

  第一演者 伊藤&永井(一年)

  区民祭に引き続き息はぴったりの二人。揃いの衣装を用意する気合の入り様。以後「双子」の俗称しばらく定着。画像が無いのが悔やまれます。ごめんね!
種目:クラブパッシング

  第二演者 沢田&松浦

大祭ステージに華をそえた紅一点の沢田、実は初舞台!技術部長松浦によるアーティスティックな演出の要求水準は高い。舞台前の緊張もなんのその、初舞台から大歓声を浴び、そっと胸をなでおろす。お疲れ様☆
種目:ボール

第三演者 樋口(部長)

新調したカウボーイスタイルはウエスタンミュージックの旋律に見事にマッチ。今回は初の司会も務めた。
お問い合わせは【樋口】までお願いします。
種目:ディアボロ

  第四演者 長谷川(一年)

区民祭での反省点がしっかりと反映された演技運びには好感が待てます。二回目の舞台ということもあってか落ち着きが出てきました。心配された強風の影響をものともしない安定した演技には圧巻。
種目:リング

  第五演者 鈴木(一年)

区民祭から更に磨きのかかったジャグリングの腕もさることながら、ノリノリのリズムに合わせて舞台狭しと踊り狂う華麗なステップは必見。
種目:ボール

  第六演者 菊池&松浦

  ポッサムのテクニカルツートップによるファイアーパフォーマンス。ショーの最後を締めくくるにふさわしい野性的な演技に歓声がいつまでも響いていました!
種目:トーチパッシング


 

応援に駆けつけてくださった方々、本当にありがとうございました。みんなさんのお顔を見る度にジャグリングをやっていて本当によかったと改めて思わされます。
今回の舞台をひとつの節目として、本サークルの幹部が世代交代を迎えました。一年生のみんなの成長が楽しみです。


Back